自費診療とは

公的な医療保険が適用されない診療のことを自費診療と言います。つまり、この場合は全額自己負担による診療となるので、経済的な負担は大きくなります。ただ医療保険では認められていない治療法や薬を使っての診療が、会社や家族に知られることなく、匿名で受診することもできるという利点もあります。当クリニックでは、以下の自費診療を行っています。

AGA

AGAのイメージ画像

AGAとは

AGAは、Androgenetic Alopeciaの略称で、日本語に訳すと男性型脱毛症になります。これは男性ホルモン(アンドロゲン)が関係されるとされ、アンドロゲンに含まれるジヒドロテストステロン(DHT)が毛周期の成長期間を短くさせてしまうことで、太く長い毛に生え変わることなく、どんどん細く短い毛を繰り返すようになります。次第に前頭部や頭頂部は軟毛化し、やがてこれらの部分の毛というのは無くなっていくというのがAGAです。

思春期を過ぎた頃から発症しますが、進行の程度というのは個人差があります。多くの場合、ゆっくり時間をかけて進んでいき、大半のケースとしては30歳を過ぎた頃から目立つようになります。ちなみに日本人の成人男性の4人に1人の割合でAGAを発症していると言われています。

治療について

当クリニックでは、AGAの患者様に対して、AGA治療薬としてプロペシアとザガーロの処方を行っています。また、患者様とご相談の上、後発品も処方いたします。

そもそもAGAの発症原因とされるDHTというのは、男性ホルモン(アンドロゲン)の一種テストステロンが5α還元酵素と結びつくことでDHTに返還します。プロペシアの主成分はフィナステリド、ザガーロの主成分はデュタステリドとなっていますが、どちらも5α還元酵素を阻害する働きをする5α還元酵素阻害薬で、DHTの生成を抑制するようになります。なお5α還元酵素にはⅠ型とⅡ型があるのですが、プロペシアはⅡ型のみ、ザガーロはⅠ型とⅡ型に作用すると言われています。そのため、ザガーロの方が発毛効果は高いと言われていますが、実際に臨床試験の結果、プロペシアと比べてザガーロは約1.6倍の発毛効果があるというデータもあります。どちらを処方するかに関しては、患者様の適正などもみながら判断していきます。服用方法は、両方とも1日一錠となります。

副作用について

副作用につきましては、ザガーロでは男性機能の不全(勃起不全、性欲減退 など)や肝機能障害、乳房の女性化などが挙げられます。プロペシアでも男性機能不全や肝機能障害等がみられることがあると言われています。

料金表

薬品名 容量 価格
(税込)
プロペシア
(先発品)
1mg×28日分 8,800円
プロペシア
(ジェネリック)
1mg×28日分 ファイザー
6,600円
クラシエ
4,950円
ザガーロ
(先発品)
0.5mg×30日分 11,000円
ザガーロ
(後発品)
0.5mg×30日分 6,600円
ミノキシジル外用薬
(ミノグロウ)
5% 60ml 3,300円

ED

EDのイメージ画像

EDとは

EDはErectile Dysfunctionの略称で、日本語では勃起不全もしくは勃起障害と訳されます。ただこの場合、全く勃起しないというだけでなく、勃起までに時間を要する、性行為中に萎えてしまう、陰茎の硬さが不十分という場合も含まれます。

原因については、加齢や病気(糖尿病、脂質異常症、高血圧症などの生活習慣病による動脈硬化をはじめ、脳出血、脳腫瘍、脊髄損傷、パーキンソン病などの神経の障害 等)、外傷といった器質性EDのほか、年齢に関係なく精神的なことから起きるとされる心因性EDという場合もあります。

治療法について

EDの治療薬というのは現時点では完治を目的としたものではありません。いくつか種類はありますが、どれも一時的に勃起を持続させる効果があるというものです。EDが疑われる患者様を診察する際は、心理状態や血液検査をして病気の有無を調べるなどして診断をつけていきます。その結果、ED治療薬を用いることが必要と医師が判断すればPDE5阻害薬を処方いたします。

PDE5阻害薬とは、簡単に言うと勃起を起こしやすくする薬で、種類としてはバイアグラ(バイアグラジェネリック)、シアリス、レビトラがあります。どの薬も性行為の直前に服用するもの(1時間あるは2~3時間前)で、バイアグラとレビトラによる作用時間は2~3時間、シアリスは36時間と言われています。なおバイアグラは食後にすぐ飲む状態だと効果が現れにくいことがあります。また効果があるとされる時間帯は、ずっと勃起し続けるものではなく、性的な刺激があったときに勃起しやすくなるということになります。

副作用について

ED治療薬(PDE5阻害薬)というのは、副作用が少ないとよく言われますが、それでも、ほてり、頭痛、紅潮、鼻づまり、めまいなどの報告はあります。ただ医師の指示に従って服用すれば、重篤な症状がみられたという報告は現時点ではありません。

なお、PDE5阻害薬には禁忌薬というのがありまして、ニトロ製剤(狭心症などの治療に用いる)との同時使用は厳禁となっています。常用薬のある方は、一度医師にご相談ください。

料金表

薬品名 容量 価格
(税込)
容量 価格
(税込)
バイアグラ
(先発品)
25mg 1,500円 50mg 1,700円
バイアグラ
(ジェネリック)
25mg 900円 50mg 1,000円
シアリス
(先発品)
10mg 2,000円 20mg 2,200円
シアリス
(ジェネリック)
10mg 1,200円 20mg 1,300円
レビトラ
(ジェネリック)
10mg 1,700円 20mg 1,800円

※レビセラの先発品は現在販売中止となっております。

てらだ内科クリニック
院長
寺田 剛
医学博士
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
診療内容
内科・消化器内科・内視鏡内科
住所
〒474-0011
愛知県大府市横根町名高山24
(至学館大学スグ目の前)
TEL
0562-57-3900
アクセス
JR「共和駅」より車で約10分
駐車場完備
▲:内視鏡検査(予約制:胃カメラ検査はWEB予約可能ですが、事前診察の予約も同時に必要となります。)
※木曜日は西村医師が診察いたします。
※内視鏡検査は女医が対応可能です、ご予約時にご相談ください。
休診日:木曜午後、土曜午後(内視鏡検査のみ)、日曜、祝日
診療時間 日祝
8:30~12:00
9:00~12:00
13:00~15:00
16:00~19:00